FC2ブログ
『LINE』本当にあった冗談みたいな話
ある時『LINE』に
「不在着信」があった。
その人は懐かしいお客様でもう何年もお会いしていない。
私は慌てて
「すみません。私の端末機は通話できません。お元気でしたか?お久しぶりです。」
と返信した。
そうしたらそれを機に毎日ラインが届くようになった。
多い日は3、4回。
私もお客様なのでと返信していた。
ほとんどが寒いとか今、散歩の途中とかだけれど
それにしても毎日何回も届くので余程時間があるのかと思った。
そして先日、驚くべき事実がわかった。
「今日も寒いね」T氏。
「本当に冬に逆戻りみたいですね。
ところで今日は桜まつりなのにまだどなたもいらしてないです・・・。」美香。
「えっ?お店?どこ?」T氏。
「あのー私、誰だかわかりますか?」美香。
「わかりません」T氏。
「私は存じ上げてますが・・・。」美香。
「失礼しました」T氏。
なんと!なんと!
この一ヶ月私のことわからないのにラインで会話していた!
写真なんかも送ってきたりしていた。
律儀に返信していた私の時間を返して!!(笑)
なんて腹が立つよりもこんなことが起きるのかと面白さを感じた。
それからT氏からはピタリとラインが途絶えた。
いつかお会いした時まで謎解きはしないでおこう。

ママのにんげんウォッチング | 2013/04/05(金) 15:02 | Trackback:(0) |